資金繰りや決算書を自分で作成する?税理士を雇う是非について

>

決算書を自分で作ることはできるのか

決算書とは何か

決算とは会社や団体における一会計年度、つまり年一回の収支、年間収益と費用を計算する行為であり、決算書はこの計算結果を書類としてまとめたものです。

年一回、行わなければならない決算ですが、決算が必要となるのは会社の財務状態を把握するためです。
決算書は、会社や団体の財務状態から鑑みられる、会社及び団体の経営状態を国や金融機関に加え、株主や取引先に報告することを目的とした書類となります。

また決算書には、損益や負債額を提示することで、国に対し納める税金の納税額を決める役割があるため、国に対しての開示は絶対に必要です。
債権者である金融機関や大口の取引先に加え、大株主に対しての開示も行われますが、上場企業や一部優良企業でなければ少数株主を含め、利害関係者への開示義務はありません。

決算書を自分で作るには

決算書の作成が求められるのは、基本的に会社経営者である事業者であり、会社経営を継続するにあたって義務であることから、決算書の作成は会社を経営する事業者に対して最低限求められる技能と言えるでしょう。

決算書は、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の三種類からなり、貸借対照表において会計年度終了時点の資産と負債に加え、純資産が計上され、損益計算書によって会社の業績を五つの利益から報告し、キャッシュ・フロー計算書で現金の流れが明示されるのです。

つまり、自分で決算書作る際、貸借対照表と損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、計三種類の作成を求められますが、インターネットが利用できれば、書式のテンプレートだけでなく作成手順も閲覧できます。
ビジネス書等の書籍から作成方法を知ることもできます。


この記事をシェアする