資金繰りや決算書を自分で作成する?税理士を雇う是非について

>

資金繰りや決算書と税理士の役割

資金繰りと税理士

資金繰り自体ができなければ、そもそも会社の経営が成り立ちません。
資金繰りにおいて必ずしも税理士が必要となるわけではありませんし、資金繰りに何らかの資格が求められるわけではありません。

しかし、税務のエキスパートである税理士は税制関係の知識に造詣が深いため、税務相談を行うにはうってつけですし会社の資金繰りの相談も行えるでしょう。

加えて銀行のような金融機関から損益計算書のデータを補完する目的で、資金繰表を求められた際、テンプレートがあるなら自力でも作れます。
税理士であれば資金繰表の作成ができますので、会社を経営するなら依頼であれ雇用であれ、税理士がいることが望ましく、税理士がいれば多少なりとも経営に安定感がでるはずです。

決算書と税理士

決算書の作成は経営における必須技能であることから、会社を経営する事業者に対して必ず求められることになります。
決算書の作成及び申告は委託することもでき、決算書の作成における代表的な委託先が税理士です。

決算書は、財務状況から会社の経営状態を判断する絶好の判断材料となりますので、会社を経営する事業者なら、内容が理解でき書類を作成できることがベストです。
内容を理解できれば、決算書を作成できなくても会社経営はできますし、決算書を正しく理解できるなら、決算書の作成自体は税理士に委託してしまっても問題ありません。

なお、委託して作成された決算書の内容を把握しないのは論外ですが、決算書の内容を正確に把握しているなら、決算書の作成だけでなく申告も税理士に委託しまっても問題ないでしょう。


この記事をシェアする